2013年07月27日

フェレットを病院へ(日本動物医療センター) 3

犬が通院している日本動物医療センター
夕方行きました。
土日は夕方1730分までしか
受付していないので、
ぎりぎりの時間に行きました。
その方が空いているので待合室が
涼しいんです。病院の待合室は
猫の温度にしてあるようで
犬でも暑がります。
フェレットだとかなり暑いと思ったので、
キャリーケースに大きな保冷剤を入れて
行きました。



先生には先週事前に話しをしておいたので、
 
先生は文ちゃんに会ってみたかったらしく
ニコニコしながら
「保護したフェレットですね~」と
慣れた手つきで文ちゃんを
いじっていました。先生はフェレットを
飼っていたことがあります。
先生は「わ~、本当に若い
思ったより毛艶も良くて
少し太っていますね。
ん~、、1歳未満ってことはないですね。
12歳かなぁ。 飼育環境が良いと3歳でも
若く見えるので最高で3歳かなぁ。」と
良いながら、聴診器をあてて
心音を聞いていました。そして、
「心音も大丈夫。本当に
咬まない良い子ですね。
 
色は少し薄いから
ライトセーブルですねぇ。
うん、顔は美人さん。」といい、
身体を掻く話しをしたら、
ノミの駆除とフィラリア予防を兼ねた
【レボリューション】というお薬を
首の後ろにつけてくれました。
ノミ駆除をしても痒がるなら、
副腎疾患を疑わないと・・・と言われました。

そして、マイクロチップの
読み取りもしてもらったのですが、
 2
種類の読み取り機を
文ちゃんにあてても・・・反応無し。
先生は「え?輸入生体には
マイクロチップは必ず入れないと
いけないのに・・。ない?ない。ない。」と
マイクロチップが入っていないことを
確認できました。先生は呆れて・・・、
「これでは持ち主はわかりませんねぇ。」と。
私は「ネットでフェレットを飼っていた人に
相談しているのですが、その方は
捨てられた可能性が高いだろうと
いっていました。フェレットを飼っている人が
脱走されたら、必死に探すはずだって・・。」と
先生にいうと先生は大きく頷きながら、
「そうそう、探しますよ。
脱走名人だからね」と言いました。
そして「それでは、tomoさんが
飼うということで進めましょう。」といい、
来週、ジステンバーワクチンを
することになりました。

 
先生はお腹や耳に入れ墨がないかも
探したのですが、入れ墨もなく・・。
ファームはおそらく手に入りやすい
パスバレーかな?ってことになりました。

毛玉対策については
 
ヘアボールリリーフなどの
市販の物でどれが好むか
 
いろいろ試してみるしかないと言われました。
フードについては
特に何もいっていませんでした。
ただ、誤食などに気をつけるよう
言われました。
柔らかい物が好きだからと。
先生が飼っていたフェレットは
よく脱走していたらしく
 
脱走対策が大変だったようです。
耳掃除のことを聞いたら、
先生は耳掃除が楽しくて
暇をみては必要ないのに
耳掃除していたそうです。
・・・こんな話しをしているうちに
 
耳掃除の仕方を教えてもらうのを
忘れました。

文ちゃんはというと、
待合室で待っている時、
診察室から恐怖の声を出している
猫の声を聞いて緊張し、
診察中はされるがままでした。
帰宅したら、少し落ち着きましたが、
疲れたらしく寝てしまいました。



そういえば、先生がいうには
大人になると「クククク」と
言わなくなると・・・。
「クククク」というのは子供だからだとか。。。
それから、お肉を焼くと
文ちゃんは興奮します。
食べたいみたいなのですが・・・・。
 
それから、文ちゃんの体重は“750g”でした
先生が「わっ、小さい!」といいました。
やっぱり小さいんだ・・・・。
tomoは最初、子供だと思っていました。

●今回フェレットにかかった治療費は、
診察代+初診料+カルテ作成料
+ノミ駆除(レボリューション)で
合計3300円でした。



kage_masa at 22:00コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
病院 | 家の外

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by ももちろりん姉   2013年09月24日 20:27
大きな病院があるんですね!
よかったです。

クククク、
うちは♀白5歳、♂白3歳、シナモン3歳なんですが、シナモン♂はあんまり言いませんが、白♀♂は、しょっちゅうクククク言ってますよ(笑)
2. Posted by tomo   2013年09月24日 20:44
ももちろりん姉 さま

コメント、ありがというございます。
大きな病院なのですが、先生にも
得意不得意があります。
うさぎさん専門の先生や
犬が得意な先生や猫が得意な先生など
選べるといえば選べるのですが、
そこは先生との相性です。
今診ていただいている先生とは
口論にもなったほどお付き合いは長いです。
その分、お互いの性格や方向性も
みえているので言いやすいというか、
楽に話せます。かなりテキパキした
先生なのですが、、なぜか文ちゃんには
デレデレです。フェレットが好きらしいです。

そう、先生は大人になるとククク言わないと
いったのですが、相談に乗っていただいている方も大人になっても言うといっていました。
個体差ですかね~。
ククククっていいですよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
フェレットプロフィール
名前=文/ふみ
(文月に出会ったので文ちゃん)
種類=フェレット
毛色=ライトセーブル
出身ファーム不明
性別=雌(♀)
年齢=約1歳~2歳
   2013年現在
(良い環境で飼育されていたなら3歳)


公園に捨てられていたのを
tomoが2013年の7月19日の
夜に保護しました。

家族プロフィール(ヒト)
★ブログ管理者=tomo
職業=ニート主婦(飼育係)♀
★世帯主=dai
職業=IT系技術者リーマン
家族プロフィール(動物)
<三毛猫はるちゃん雌/11歳>
山形県山形市の山形大学医学部の近所で産まれ、生後8ヶ月の頃東京へ引っ越す。生みの親は三毛猫。育ての親はゴールデンの雑種犬のペルくん(2012年10月に血管肉腫が原因で亡くなる。)家では動物代表兼教育係。しかし、外では地域猫を含む
近所の猫の裏ボス/姐さん。

<ケヅメリクガメ
やよいちゃん雄/約17歳>
東京渋谷区幡ヶ谷にあるペットショップ出身。元飼い主が大きくなって飼育不能になりお店に戻した出戻りさん。大きすぎて半年以上売れず店内の洗い場下に追いやられていたのを身請けされ、2004年7月に家族になる。現在は動物部屋担当。
破産に追い込む会
会長を務める。


<クサガメのカメりん雄/13歳>
山形県山形市白山のホームセンターでtomoに購入される。450円。2008年まで衣装ケースに住んでいた。山形にいた幼少期はコタツで暖をとり11月から3月まで越冬のため断食していた。現在は1年中食べるためダイエット中。現在の家(アクリルオーダー水槽)に
引っ越してからは窓から電車を監視するのが仕事になっている。(台所常駐員でもある)
電車が止まると報告したいらしい。


<信州柴の景正くん雄/約13~15歳>
2013年1月4日に長野県飯田保健所から東京へ来る。年末に殺処分が決まっていたが、運良くガス室送りを免れ無年金生活を送っている。現在は教育係の三毛猫はるちゃんの指示により現玄関と庭のパトロールを行っている。フェレット文ちゃんにより認知症改善リハビリ継続中。


*3013年9月現在
ギャラリー
  • フェレットの日光浴(副腎腫瘍予防)と紫外線灯について
  • フェレットの日光浴(副腎腫瘍予防)と紫外線灯について
  • フェレット文ちゃんは器用?
  • 柴犬とケヅメリクガメと遊ぶ?
  • 柴犬とケヅメリクガメと遊ぶ?
  • 通院用に小動物用バッグ
  • 通院用に小動物用バッグ
  • 猫用トイレで排泄
  • 猫用トイレで排泄